失いかけているもの…ね…


SNSのトレンドで、

「失いかけているものを二文字」というものを見かける。

性格がねじり曲がっている私は便乗した…

スポンサーリンク
 

果たして、その2文字とは漢字なのか?

それとも平仮名でも良いのか?

まずは、そこから議論しようではないか。

内心:「わぁ、面倒くさい〜(๑˃̵ᴗ˂̵)」

そうか、なるほど、なるほど。

どうやら私の内心が失いかけているものは、

漢字2文字で「品性」らしい。

平仮名に言い換えると「ひん」である。

なるほど、どっちでもいけるものも多そうですね。

そう、それが言いたかっただけの戯言なのよ。

無論、対人関係においては言葉尻の揚げ足を取らない方がいいんですけれどね。

 

尻なのに足を取る…ん?(°¬°)?

 

得意気に揚げ足を取ってるつもりでも、得意気に「私は面倒くさい人なんですよアピール」をしているようなものですからね。

自らを客観視した時に辛くなりますね。細かいことが決して悪いわけじゃないのですけれどね。

案外、捻くれによって失いかけているのは「幸福」だったりしないだろうか。つまりは「さち」。

なんだか、こう言う事を考えると失いかけているものしかない気がしてきたよ。

ここは、逆転の発想で得かけているものを考えてみようかな。

…常に得かけているもの…

あれ、「老い」と「やみ」しか思いつかない。

もうちょっとネガティブな偏見を減らして考えよう。

得かけているもの…

「笑み」、「癒え」。

 

そんな前向きな事を絞り出した折、横から勢いのある槍が飛び込んだ。

 

その張本人は迷わずに、こう言った。

失いかけてるのも得かけているのも、

 

other
オトモK

カネ。

 

生々しいのでスルーでーす。