A Happy new era “令和”

amini

明けましておめでとうございます(祝)

もしくは、平成を支えてくれた方々に感謝の意を示す方が適切でしょうか。

 

有り難う御座いましたm(_ _)m新元号になっても宜しくお願い申し上げます。

 

スポンサーリンク
 

【令和】0話から始まる十人十色の物語の幕開けの予感

お正月でもないのに「明けまして」と使うことも「A happy ney year」の代わりに「era」というのも人生において1〜2度あるかないかというような事なのでしょう。

巷では、アニバーサリーとして賑わっているのだとか。

インスタ映えする”平成の最後”や”令和の幕開け”の画像などがUPされているのでしょうね。

一人きりのクリスマスが平日と大差ないように、元号が変わっても国の中身が変わっているわけじゃないし、ましてや自身の中身も成長したわけでもない。

そう皮肉染みてしまいそうにならないわけでもない。

それは、きっと自身に足らないものが多過ぎるが故の荷なのかもしれない。

そんな風に思っていると”0話”なんて令和を捩ってみると、それはそれで気持ちの区切りとしては好機なのかもしれませんね。

何かが終わり、何かが始まっていく。

客観的に見れば、0からでは無く、ただただ続いているだけの事に過ぎなくても、

個にとっては、節目を何かしらのメルクマールとし、そこから新たな気持ちや初心に戻ろうとする事が色々と重宝するのかもしれませんね。

参考書荷挟んだ付箋のように、、。

あるいは、マラソンで言うところの給水ポイントのような、、。

そう思うと先程の皮肉が尚、滑稽に。あるいは、どうでもよく感じてしまえる程に意味や価値を見出せる節目なのかもしれませんね。

 

新たな気持ちで0から始める0話時代…あなたなら1話目に何を描きますか?

What do you write in the first episode of new era?

 

各々の良き門出となるように( ´ 人 ` )