2018年「今年の漢字」は【災】

日本漢字能力検定協会により、

2018/12/12日、京都市東山区の清水寺にて『今年の漢字』が応募数193,214票の内20,858票を占めた“災”と発表されました。

スポンサーリンク
 

2018年の漢字『災』

“災”となった理由として、大きく3点に分けてホームページにて説明書きがなされています。

・全国的に地震、豪雨、台風、猛暑などの自然「災」害の脅威を痛感した一年

・多くの人が自助共助の大切さを再認識した年。

・全国の被災地で「災」害復興を支えるボランティアに 仮想通貨流出、スポーツ界でのパワハラ問題、財務省決裁文書改ざん、大学不正入試問題などの事件が発覚し、多くの人がこれらの出来事を人「災」や「災」いと捉えた。

出典:報道発表資料 2018年12月12日 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 2018年「今年の漢字®」第1位は 「災」