3dioのFree Space XLRを購入してみたので使い方・ケーブル・電池交換についてまとめてみる


購入の仕方などについては検索上位のブログにて掲載されているかと思いますので、コチラでは、

・最低限必要な機能やアイテム(スタンドやケーブル類)
・電池交換
・レコーダーとの接続時の設定確認

等について記していきたいと思います。

 

3DIOのFree Faceには別途、録音機やオーディオインターフェイスが必要

free faceはコンデンサーマイクカプセルが埋め込まれているバイノーラルマイクロフォンです。使用の際は外部マイクとして接続し、その接続先に録音(レコーダー、カメラ、スマホ、PCなど)するという形になります。

分からない事があれば、日本で唯一とされる正規代理店である『mimimic』さんの公式サイトの「FAQ」(質問と回答)を参照すると多くの疑問が解決できるかと思いますので購入を検討されている方は購入前に事前確認をお勧めいたします。

 

安い買い物ではありませんのでね(੭ु´・ω・`)੭ु

 

レコーダーの購入の際はネットにある各機種の説明書に目を通して情報を集めよう

ASMR(心地いい音声)やバイノーラル(立体音響)の動画等ではハンディレコーダーに接続して使用しているものが多いと思われます。

「一体、どのレコーダーがいいの?」と迷った際には、各メーカーさんが販売されているレコーダー各機種の取扱説明書が公式に公開されていたりすると思いますので、どういう機能があるのを事前確認しておくと購入後のトラブル回避に繋がるかもしれません。

(実際に使用しているベテラン配信者様に聞くのが手っ取り早いかもしれません。)

 

YOU!何使ってんの?

 

 

other
ベテ・蘭子

黒dio+ZOOM H6

 

 

ファッ、、そ、ま?(えぇ?それ、まじ?)

 

それでは、レコーダーの機能を事前確認しておく話に戻りましょう。

レコーダーの機能の事前確認

【例】

・プラグインパワーの機能の有無[更にON/OFFを切り替えられるかどうか]

【マイクに外部から電源供給するためのものです。プラグインパワーを要する外部マイク(例えばイヤフォン型の中でASMRのオススメに名高いRolandのバイノーラル型イヤホンマイク)などのマイク自体に電源が無いものを使用する際に必要な機能となります。※Free Faceには本体に電源があるためプラグインパワーは不要だそうです。】

録音できる音声データの形式(WAV・MP3など)

USBオーディオインターフェイスの有無

【パソコンに音を取り込んだり、スマホやカメラに接続して収録する際に使用したりします。スマホなどに接続して録音する際はレコーダーの方には録音できません等の注意書きがあると思います。】

・XLR端子(2ch)対応機種かどうか

【Free Face XLR、黒dio、SR3ⅮのXLR端子ver等を使用する場合に必要。3.5㎜オーディオミニプラグを使用するより外部ノイズが軽減されるのだとか。配信等の用途で使われている方が多いイメージです。※XLR端子で使用する際はファンタム電源48Ⅴの機能が必要(レコーダーのPHANTOM設定をONにして48Ⅴに切り替える必要があります)

など、その他にも必要そうな機能の確認をお忘れなくm(__)m

Free Faceを使用する際に必要なアイテム類(レコーダーとSDカードを除く)

①ケーブル類(3.5㎜オーディオケーブルやXRLケーブル)

これが無ければ使用できませんので必須です。

・XLR端子のないタイプやXLR端子を使用しない場合は、「3.5㎜ステレオオーディオケーブル(オス-オス)」が必要

ステレオミニプラグなど呼び方にバラつきはあると思います。

 

・XRL端子接続の使用の場合は、「XLRケーブル(キャノンケーブル)」が必要

※2chで使用するため2本必要です。(1本ですと片耳しか反応しないので御注意下さい)

※ケーブルの長さに注意して下さい。

 

②スタンド(1/4インチor5/8)

Free Faceはスタンドが無いと不安定ですので丈夫な三脚タイプなどのスタンドが良いかと思われます。

ジョイント(5/8)付いてますが、外すと(1/4)なので一般的なカメラ用スタンドを使用する事ができるかと思います。

※Free Faceは割と重みがあるため倒れないように丈夫なものをお選び下さい。

 

③ドライボックス(防湿庫)

マイクやカメラは湿気に弱いと言われているので簡易的なドライボックスにシリカゲル(乾燥剤)や防カビ剤を入れて湿度調節するといいかもしれません。

最近ではケース付きのものが販売されているようですが従来の箱タイプでもスポンジを取り出し、ドライボックスに入れ替える事で保管しやすいように感じます。

(実際に入れてみた図)

 

④交換用電池9Ⅴ(006p)

電池交換の際は、上蓋の四隅のネジをドライバーで開けて電池の端子をソケット?から外し、新しい電池と付け替えるだけなので非常にシンプルです。

※電源を切り何も接続していない状態で交換して下さい。

※注意点は、電池の付け外しの際に力み過ぎない事とネジ穴を潰してしまわないように締め過ぎに気を付ける事、また液漏れの有無を時折に確認することなどでしょうか。電池本体に記載されている使用推奨期限等も確認しておいた方が良いかもしれません)

 

⑤スマホ・カメラ・PCに接続する際に必要なミニUSBケーブルとカメラアダプタ

スマホやカメラに接続する際は更に「USB3カメラアダプタ」が必要になります。

※電源供給できるタイプのUSB3カメラアダプタでないと電力不足でiPhoneと接続できなかったためコチラを使用しています。