【靴底修理】靴のかかとのすり減り防止ゴム・補修プレートを張り替えよう

ある日、ある場所で、靴を洗っていた時の事。

そろそろ靴のソール本体がすり減りにくいように使用している踵のすり減り補修プレートが、そろそ交換時期である事に気づいたのであった。

靴底の減り予防の補修ゴムがすり減ってきたので貼り替えよう

 

 

写真左側の補修ゴムが摩耗し、端の方は1㎜の厚みもない状態です。

そのため、本体のソールに浸食する前に交換していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

靴のすり減り予防用補修ゴムの貼り換え手順

【用意するもの】
替えの補修ゴム付属している釘

靴用の補修ボンド※粘着シールタイプをシールのまま使用する際は不要です。

・トンカチ(ハンマー)

・デザインナイフ(カッター)←ボンドを使っている場合、剥がし残ったものを綺麗にするために使用します。

 

靴用ボンドを使用していて剥がしにくい場合は、本体を傷つけてないように気を付けながらデザインナイフなどでボンド部分に切込みをいれたりしながら慎重に剥がしてください。

 

ボンドを使っている場合は、このように剥がしきれていないボンドがソールに残ってしまうと思います。

 

 

ブラシや雑巾で擦り落としたり、デザインナイフでボンドの部分だけ剥がしていくと大半を剥がせると思いますが、再度ボンドを使用して同じ場所に貼り換えるのであれば凹凸がほとんど無くなれば十分です。

 

(溝で固まっているボンドは再度ボンドを流し込む必要がないように故意に残しています)

 

剥がしてから後方から靴の踵を見てみると、補修ゴムのおかげ様で、本体の踵のすり減りを十分に予防できていると感じます。

次に、再度、ボンドで補修ゴムを貼っていきたいと思います。

 

※貼り換える前にソールを洗って汚れを落としましょう。

 

(ぐるりと回すと水が踵内側に溜まらず干せる靴用ハンガーを使用中)

 

水切りをしやすいので乾きにくい雨天や冬場に頼もしいです。

 

靴が乾いたら、ボンドで張り付けていきましょう

※粘着シールのまま貼り換える場合は、この作業は不要です。

(粘着シールを剥がしボンドをのせた状態。。。少し付け過ぎました。)

これを剥がした部分へ付けるのですが、ボンドが半乾きになるまで浮かないように抑えておく必要があり、両手が塞がってしまうため撮影できておりません。

はみ出したボンドを拭き取り、半乾き以上でゴムがズレにくくなってから釘打ちして完了となります。

(こちらは、テラオ株式会社さんの「靴底修理キット‐スーパーラバープレート粘着付」を使用)

※テラオラバープレートシリーズにはM・Ⅼなどがあります。

(こちらは、ニューキストさんのニューキスト④を使用)

※ニューキストシリーズはNo.によってサイズや色などが異なります。

その他、コロンブス靴修理キットラバープレート大・小など様々なメーカーのものがありますのでお手持ちの靴に合いそうなサイズ・色・形を選んでみてください。

 

【使用していて感じる事や注意点】

・補修ゴムを付ける場合は新品の靴に付ける方が剥がれにくいです。本体のソールがすり減った状態ですと隙間が出来やすく剥がれやすくなります。

・ソールが平らではない場合、予め補修ゴムを内側に曲げソールのカーブに合わせるとやや浮きにくくなるかと感じます。

・靴のサイズが合っていなかったり、靴紐が緩すぎて靴が足にフィットしていない状態では踵を地面に引きずりやすいため剥がれやすくなったり摩耗が早まることが懸念されます。頻繁に剥がれてしまう場合などは足を上げて、なるべく踵を引きずったまま移動しないように歩く癖が必要かもしれません。

・歩く距離、歩き方、歩く場所にもよりますが週2~3回程度の頻度であれば3回前後の交換で1年ほど本体の踵のすり減りを防げると感じますが、引きずり歩きが癖になっていたり高頻度の使用によっては1~2ヶ月で交換が必要になってくる場合もあるかとは思います。

・経験上、道路わきの排水用の溝の上においてある表面がギザギザの鉄板や砂利道や段差などで補修ゴム部分を強く引っかけてしまうと剥がれることがありますので気を付けて下さい。

・靴底の確認を怠ってしまうと本体の踵のソールがすり減ってしまうことがあるかもしれませんので定期的にチェックが望ましいです。

 

3年以上使用している靴と数回程度しか履いていない靴を見比べてみる

以前の記事が2016年9月。今回は2018年12月ですので丸2年以上は経っています。

以前の時点で1年目(灰色の靴)と新品(緑の靴)でしたので、今回で3年3カ月と2年3カ月ですね。

緑の靴の方は数回履いた後、長期保管していたためほとんどソールはすり減っていません。

一方、灰色の靴の方は、前回から使用頻度は下がり月数回~週一程度です。(以前は週2~3程度)

 

引っ張り出して開封してみると、長期保管中に加水分解してなかったので幸いなのですが、ブルーミング現象が起きていました。

 

ブルーミング現象が生じているハプニング

Bloomというと花盛り、開花、新鮮という意味ですが、口語では鮮度などを失うというニュアンスと関係あったりするのでしょうか。

 

平たく述べると、長期間保管されたゴム素材の表面に配合剤が移り結晶化する事で白い粉が現れたりする現象のことです。

 

ゴムの表面に白い粉が付くのはなぜ?

ゴムに配合剤を添加して、それを加硫して製品化しますが、その過程でいろいろな種類の配合剤を、ロール練りしながらゴムに加えていきます。
この時に配合剤を大量に添加すれば起こりやすく、練っている時は発熱し、温度が高くなり配合剤が溶解しやすい状態、つまり過剰にゴムに配合されている場合は、室温に戻ると配合剤がゴム表面へ出ようとします。
これが粉であればブルーム(ブルーミング)、液体であればブリードと呼んでいます。

出典:共和ゴム株式会社-よくある質問-ゴムの表面に白い粉が付くのはなぜ?

液体の場合は、出血する/樹液を出す等の意味でもあるブリード(bleed)と呼ばれます。雑学程度に流して下さい。

 

(ブル―ミング中、私の気分はブルーイング中

水洗いなどでは、ほとんど落ちないですが、艶出し剤を使えば綺麗することができます。

また、白い粉正体が白カビの場合ならば、洗えば取れますので判別はすぐできるかと思います。

 

そして、綺麗にするための艶出し剤については、缶スプレーじゃなくても100円ショップなどで売っている革靴用などの艶出しスポンジにも似たような成分が含まれていたりしますので、安価な方から試してみるといいかもしれません。

 

※注意点※成分にロウや乳化剤など含まれていますので滑りやすくなるため重々お気を付けください。

 

では、早速拭いてみよう!

(右半分を艶出しスポンジで拭いた状態)

 

ツヤツヤのピカピカのスベスベになりました。そのまま両側とも磨くと、

 

まるで新品のようです!※新品はこんなにテカテカに黒光りしていません。

 

スニーカーの保管方法:圧縮袋+乾燥剤+カビ防止剤

 

4年目の灰色の靴と数回使用の同型の緑の靴を数年ぶりに並べてみました

(左:4年目/右:数回使用)
上:数回使用/下:4年目)

 

流石に4年目となる灰色の靴の方は、年々ソールが全体的に摩耗しております。

 

また、ソールに浅いヒビ割れも見られるようになってきました。

 

 

それでも、これからも長持ちして欲しいと願っております。

 

靴底の減り防止と予防/スニーカーのかかとのすり減りを補修ゴムで防止しよう
歩き方が悪いためか姿勢が悪いためか靴のかかとの減りが多い。 それでも、お気に入りのスニーカーやランニングシューズおよび革靴などのソールを長持ちさせたいそんな時!の事を綴っていきたいと思います。