iPhone5:今更ながらに電池交換をすることに!やり方と準備した物

iPhone5を今更ながらに電池交換をしてみることに…

交換に至る原因

長年使ってると避けれないバッテリーの摩耗と膨張が原因です。

img_8309

見るも無残にパッカリと…(充電コード差し口付近の星型ネジを外していないと液晶が割れてしまいそうなので外しています)

この解約したiPhoneの使用用途は主に動画をテレビに映すくらいなので、開きっぱなしでも構わなかったのですが、、、

iPhoneの画面(画像・動画など)をテレビに映す方法

次第にコードを繋いでいないと数分経たずにシャットダウンし、充電しても立ち上がるまでに30分以上かかり

更には充電しても充電されなくなってしまいました。

自分で電池交換をしてみる

普段使いしている携帯ならば正規店舗を利用したいところですが、電源ボタン等も摩耗し機能しない端末のため自身で交換してみる事に。

※自身で行う場合は故障しても自己責任であり、正規以外の修理をすると正規の修理が受けれなくなるので注意が必要です。

以前、正規での電池交換を行った時には、予約日時に店舗に足を運び待ち時間込み1時間程度で交換してもらいました。

≪準備した物≫

①iPhone5用の互換バッテリー:当たり外れがあると噂されていたりするので純正や評価の修理代理店のバッテリーを用意する方が無難かと思われます

※今回はbule sea iphone5互換バッテリ―を使用

ペンタローブ”星型”精密特殊ドライバー:充電差し口付近のネジ穴が星型のため、ネジ穴が潰れてしまうと困るため評価の高い精密ドライバーを選びました。

吸盤:フロント(液晶部分)を持ち上げて開くため2キロまで吸着できるものを用意していましたが今回は電池膨張により既に開いているため出番なし。

④その他準備した方が良い物:プラスドライバー(必須)、電池を外すためのヘラ、液晶を支えるつっかえ棒(割り箸を適当な長さで折っても可能だと思います)

交換手順をざっくりと説明

①フロントを開いて電池を外している状態(右上の電源ボタン付近に液晶等に繋がるコード端子があるためゆっくり開けて負担を掛けないように気を付けましょう)

img_8311

②電池と端子をハメ込む(赤丸で囲んでいるところの黒い長方形の部分が端子となります)

img_8318

③端子が浮いて外れてしまわないようにプレート2枚とプラスねじ3ヵ所で止められているのが出来上がった形です(古い電池を外すときに覚えておきましょう)

img_8313④フロント”液晶”を元に戻す。(はめ込むときに力み過ぎて割ってしまわないように注意)

⑤充電差し口付近の星型ねじを締める

img_8314⑥起動して動作確認

img_8315無事起動し、正常に動きました^^

ただ互換バッテリ―のため様子を見ていきたいところではあります。