真夏にエアコンが水漏れしたのでドレンホース用のポンプを購入してみる

エアコンが水漏れしたので排水ホース用のポンプを購入してアプローチ

はい、猛暑続く真夏の部屋から急に

ジョバジョバジョバ〜♪

という音が鳴り響いたのであった。

大型台風後の雨漏りを想起させる嫌な音に煽られ天井に視線を向けるものの、その日は雨は降っていない。

そして、流すようにエアコンの方を向くと…

 

あ…、エアコンさんったら盛大にお漏らしちゃって…まぁ…(困)

 

スポンサーリンク
 

今までも何度か多少の水滴漏れ程度であればあったものの、コップ一杯程度の量の水が漏れ出したのは初めての経験だったため、

とりあえずエアコンを停止し、漏れた水を拭いてから

ネットで検索。

検索してみると、

ドレンホースやドレンパンの詰まりが水漏れの原因として可能性が高いそうだ。

排泄経路が詰まることで行き場を失った水が漏れ出すという感じでしょうか?

とりあえずドレンホース詰まりと仮定してアプローチしてみる事に♪

理由は、単純にポンプを購入すれば自身で行える範囲であるためです。

もし、改善がみられなければプロに頼むしかなさそうですね。自分で分解したら壊してしまいそうですし…(・ω・;)

とりあえず、夏場なので漏れた水が溜まっているアンダープレート(エアコンの底)だけは放置すると水が腐ったりカビが繁殖してしまうのでエアコンの説明書を見ながらアンダープレートを外して拭いておきました。

後はドレンホース用のポンプを注文して、翌日の到着を待つ事に。(日数経つとカビが増殖しそうなのでお急ぎ便に…)

 

エアコン水漏れ対策:ドレンホース用ポンプ

2つのノズルが付いているタイプを購入しました。ストレートとエルボタイプのノズルのセット。

【口径】

・ドレンバルブ:φ13~25mm(内径)対応 

・ドレンホース:φ14、φ16mm(内径)対応

※室外機付近のドレンホース(排水ホース)出口の内径を計測し合っているか御確認下さい。

【使い方】

レバーを押す:空気が出る

レバーを引く:空気を吸う 

↑この状態でドレンホースに差し込み

隙間があって空気が漏れてしまう場合には、接合部から空気が漏れないように手やテープで空気漏れを軽減すると良いそうです。

※ホースが経年劣化し割れやすくなっている事も懸念されるため力の入れ過ぎに要注意。

ドレンホースにポンプ先を差し込んだ後、一気にレバーを引きます

すると、空気をポンプ内に吸い込むためドレンホースの詰まりや溜まっている水を吸い出せます。

レバーを押す場合は逆流しにくいように、ゆっくり。

※強く押すと空気に押されて内部に逆流してしまう恐れがあるため、一度ホースからポンプを抜いて、吸い出した水を捨ててからの方がいいかもしれませんね。

※ホース内にクモなどの虫が詰まっている可能性もありますので虫嫌いの方は念のため注意して下さい。例えば、室外機が屋根にある御家庭などでは驚いた反動で屋根などから落ちてしまっては大惨事ですので気を付けて行って下さい。

結果】何回かポンプを繰り返して溜まっていた水を抜く事には成功しました。(コップ半分くらいの水が溜まっていたようです)

エアコンを付けても、ほぼ水が流れていなかった状態から、チョロチョロ出るくらいには改善された模様です。

エアコンの水漏れでドレンホース用ポンプを使用してからの【後日談】

吸引後、水漏れすることなく2〜3日が過ぎています。

念のため再度度ポンプをしてみると、ペットボトルキャップ2杯分くらいの水が溜まっていました。

これは正常値なのかどうなのかの判断は分からないので悩ましいところではありますが、とりあえず水漏れには至らない域で収まっているようです。

どうやら空気は温度が高いほど水分を含むようなので陽当たりが良過ぎて高温になりやすい間取りということも原因の一つなのかもしれません。

少なからずエアコンが結露するのは正常な事のようなので過剰に心配し過ぎなくてもいいのかな?

心配したところで自分でできる範囲は限られていますのでね。

しばらくは数日周期でポンプで水が内部にたまり過ぎてないか、詰まってないか、吸い出して確認しながら様子見していきましょうかね。

ではでは、個人的には再度、水漏れにならない事を願いながらの日々ではありますが、エアコンだけでなく人体も脱水や熱中症の危険性が高まる猛暑の続きのようですので呉々も気を付けてお過ごし下さいm(_ _)m