女は「理解と共感」、男は「解決」を求む悩み事

Ring…ring…ring…。

(鳴り響く着信音)

 

はいはーい、何か御用かしら?

 

♀

ちょっと聞いて~!

 

スポンサーリンク
 

はい、あり触れた通話の出だしですね。

 

悩み相談に対して男は問題解決を追い、女性は理解と共感を求める?

個々にもよるので一概に言えたものではないのですが、身の回りの方の傾向としてはそのような印象と受けます。

 

*相談とは何ぞや?

【相談】:問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすること。また、その話し合い。

出典:コトバンク

 

悩みなどの相談事において、よく言われている性差による傾向ではありますが、男性は「問題解決」を追い、女性は「理解と共感」を求めるという使い古されたようなアレである。

経過を重んじるor結果を重んじる

但し、性別よりも個々の性格傾向によりけりである事や、その性差の傾向においても女性も「悩みから解放されたい、解決したい」という気持ちがあることには配慮しておきたいところではあります。

それらを踏まえて、自身(♂)の発言を振り返ってみると、やはり問題解決に向けての意見を会話の中に挟んでいる事が多いように感じます。

そして、よくあるセリフを返される事もしばしばである…♪

 

♀

最後まで聞いて!

 

はい。内心:(会話のキャッチボールができないほどに追い詰められているということを考慮した方がいいかしら…)

 

このように、最後まで聞いて欲しい時は、ストレートにそう言ってくれれば有難いものですね。

そう言われることで、相手が「まず自分の胸中を打ち明けたい」という事が現時点での目的である事が判別できますからね。

聞く側としても、問題解決に向けた意見を求められている段階ではないと伝わるだけ余計な空回りを減らせます。

何が目的なのかが伝わるように話す事で、すれ違いを緩和に繋がっているように感じます。

 

会話で口論に発展しないために

相談と言っても会話ですのでね。それが一方通行になってしまうと、いつ返事していいものかと判断が難しく息がつまるというか対話に詰まってしまうのです。

そのような一方的なドッチボールになってしまうと聞く側にとって快く感じる事は難しいですよね。

言ってみれば、女性が終わりのない自慢話をしてくる男性に感じるような心境に近いのかもしれません。

何事に対してもそうですが、独りよがりになり過ぎるとそれに巻き込まれる立場からすると辛いものがあるものです。

相手の声のトーンや表情を意識しながら、無理なき範囲で相手に思いやりを持って接している方が対人関係を良好に保ちやすいですからね。

聞く側も語り手も双方の都合も考慮しつつ、ぶつかってしまうようであれば、それについて落ち着いて話し合いをすることも必要ですよね。

 

無理しすぎない聞き役

コミュニケーションは一筋縄ではいかないので双方に思いやりや乗り越える気も違ないと容易く亀裂が入ってしまうものなんだろうなぁ…と切実に感じます。

そして、相手の望む反応を頭で理解はしていても、その通りの言動を行えるわけではないですからね。

無理してしまうと「君の為に労力を割いているのに、君はこっちの都合や立場を考えてはくれないんだね」などの不満が溜まりやすくなりそうなのでね。

無理をし過ぎてまで「良い人」を演じすぎると限界を迎えた時に嫌な形で人間関係に支障をきたしやすいので注意が必要ですよね。

当然ながらに、悩み相談を持ち掛けることが既に自己解決の域を超えた余裕の無い状態である事が多いですからね。

その上、聞き手にも余裕が無くなってしまうと双方に個々の余裕が無いため関係に亀裂が入りやすくなるというのにもイメージしやすいでしょうか。

そのため、他者に心の余裕が無い時ほど自分には余裕が必要ですし、自身が余裕ない時に安請け合いし過ぎには要注意だというのが過去の痛感からの教訓と言ったところでしょうか。

 

そんなことを通話の後に改めて心思うのであった…。珍しく一方的に聞く回になってしまっていましたが、それだけ溜まってるものがあるという事ですよね。

まっ、そんなときもあるわよね~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

聞かされてるだけと思い込むとネガティブに捉えてしまいがちになりますけれど、自分が何に喜怒哀楽を感じるのか相談者を通して学べたり、

また、自身の口癖とか発言の傾向とか客観視していると対話のレパートリーが狭い事に気付かされるいい機会でもありますので得るものも多いです。

他人は自分を映す鏡とはよくいった比喩ですよね。

一体、自分は誰を映しているのやら…。

兎にも角にも相談から二次被害にならぬように気をつけたいところではありますね。相談者にとっても結果としてストレスを溜める事になるとしたら本末転倒ですものね。