人気ブログランキングへ

【〇〇の仕方】 【アイテム】 【日記】

このエントリーをはてなブックマークに追加

腕時計のパッキン交換をしてみる

定期的に交換しておいた方が良いとされる腕時計のゴムパッキンが前回、惨劇に見舞われたための後日談

スポンサーリンク
 

腕時計のゴムパッキンを買う!

以前の日記での

はめ込み式:腕時計の電池交換の仕方:自宅でトライ

の時に古いパッキンが切れてしまったので新しく購入してみました。

選んだサイズは内径が31mmの厚みが0.9mmのもの(自身の時計に合うサイズかつ同サイズ五本セット)とパッキンに塗るグリス。

※時計によってパッキンのサイズは異なるため、交換する際はサイズの把握が必要。(修理屋さんや時計屋さんで一度聞いておくといいかもしれません)

外径と内径は大事!

外径は外側の直径

内径は内側の直径

自身の時計が33mmだったので、33mmのものを選べばいいのかなと購入したところ内径33mm程度のものを購入。

いざ、届いて付けようとするとサイズオーバーでした。

よくよく考えてみるとゴムの幅が加わるので内径33㎜のものは外径34~35㎜程度になるわけです。そりゃ入りませんよというお話。

なので問い合わせしてみたところ送料実費の交換をしていただけるという事でしたので交換して貰いました。

その対応は細やかで時計の銘柄等を報告すると調べて下さいました。大変助かりました。有難うございますm(__)m

やはり交換していだだいた内径31mmものが対応しました。

自身の時計に合うサイズを把握しておいた方が良いですね^^いい勉強になりました。

厚みも大事

ゴムの厚みも大事なポイントです。

切れてしまったものの厚みを測っていたので厚みに間違えはありませんでしたが、ゴムの劣化などで細くなってしまっていたりする場合もあるので一概には古いパッキンの厚みが正しいとは言えないかもしれません。

出来る事ならばゴムの外径・内径・厚みは把握しておいた方が自身で交換する時にミスしないと思われます^^

また店舗で腕時計を買うときは電池の種類やパッキンの種類を確認してから購入するのがいいかもしれませんね。(説明書に書いてある場合もあるかとは思いますが聞いた方が確実です)

もしもサイズ等わからない場合は購入先に尋ねる、時計屋や修理店で尋ねる、自身で測定するなどがありますけれど、購入時に尋ねるのが最も手間が少なそうですね^^

レシートや説明書にメモって箱と一緒に保管しているのが良いかもしれません。

またはパッキンの沢山のサイズをセットで買って合うものを見つける!という方法もあります。沢山時計を持っている人には良いかもしれません。

様々なサイズのパッキンセット

自身に合ったパッキンが分からない場合や沢山時計を持っている場合に役経ってくれそうです。

交換はお簡単

新しいパッキンにグリスを塗る→裏蓋の縁にはめる(モノによっては溝にゴムをはめる)→裏蓋を閉めて交換終了です。工具は以前の日記のこじ開け&閉め機を使いました。
はめ込み式:腕時計の電池交換の仕方:自宅でトライ

 

スポンサーリンク

-【〇〇の仕方】, 【アイテム】, 【日記】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら