人気ブログランキングへ

【日記】

このエントリーをはてなブックマークに追加

幻のシロマダラヘビの値段はHOWmuch?

千葉県香取市玉造で、一部地域で“幻のヘビ”とも呼ばれる「シロマダラヘビ」が捕獲されたんだってねぇというお話を聞き心思う事を綴り綴り、、。

スポンサーリンク
 

まず最初に思う事は、

あの香取市ですか!ほほぅ(・∀・)!

そこに食いついてしまったものの、

シロマダラヘビを捕獲した事にもビックリです!

(蛇を見かけたら気づかれないようにソッと逃げようよ!と幼少期に草むらで遭遇したトラウマが少々フラッシュバック)

その分布は広く、各地での発見例はそれなりにある模様ですが、個体数や遭遇率が低いとされているため「幻の蛇」と囁かれているみたいですね。

同じナミヘビ科という括りだと「守り神」として有名な「無毒蛇アオダイショウ」を第一に連想してしまいますが、シロマダラヘビの柄を見ると「有毒蛇ヤマカガシ」に若干似ていると感じるところです。

と言う余談より、気にしてしまうのは「幻」のお値段でしょうか。

何故、人間って値段に置き換えて希少性を推し量ろうとするのだろう?

数値的に分かりやすい単位だからだろうか?

別に売るつもりがなくても高価なものを手に入れたという高揚感を味わいたい、はたまた手に入れたいという物欲からだろうか?

(勿論、売りたいと言う人もいるかもしれないけれども)

いくら高額でも蛇に向かっていく度胸はないなぁと思いながら価格について触れると、

ペットショップや爬虫類を扱うネットショップ等で見かけたシロマダラヘビは¥2000〜5000程度。

(販売価格は大きさ等によって幅があるため高くても1万前後が範疇なのかもしれません)

ちなみに青大将は、¥5000〜15000程度が多く見受けられました。

(「守り神」と呼ばれながらも捕獲され売られている事を思うと些かショックを受けますけれど)

軽く纏めると、凄いなぁ、蛇に向かっていくなんて凄いなぁと、草むらで遭遇してから数年後に地面を掘っていたら冬眠中の蛇が出てきてビビリまくった身としては感嘆しかできませんというお話でした。

スポンサーリンク

-【日記】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら