人気ブログランキングへ

≪運動≫ 【〇〇の仕方】 【健康】

このエントリーをはてなブックマークに追加

【運動】片手腕立て伏せをできるようになるために

【筋トレ】片手腕立て伏せにチャレンジ

華奢で筋力の足りてない状態でやってみると、一回すらできなかったので。やり方を絵心のない絵を描いて考えてみた…

スポンサーリンク
 

まず、筋力の足りていない状態で負荷の強い事は止めましょう!

と言う事を前もって言っておこう。
普段からトレーニングを重ねている人なら問題ない事でも、私のように筋力が足りてない状態の人は、負荷を減らしていこう

負荷を減らす方法として足を広げる、膝をつくなどもあるけれど。
膝をついてもまともにできなかった私である。
どんなけ筋力無いんだよ!とツッコまれそうなものだが、無いから付けたいのさ~あっはっは^^

通常の腕立てができても片手になるとバランスや使われる筋肉が多少違うように感じる。
それは片手をチャレンジした翌日には肩が凄く筋肉痛だったことから使ってる筋肉が違うんだろうなと実感したわけです。

両手ならできるのに片手だと半分すらできず、ゆっくりおろすだけのネガティブ動作すら厳しい。
なら両手を使えばいいじゃないってことなんだろう。

では両手を使った状態で負荷を減らすには?
単純に片手側に土台を置けば良さそうだ。
要するに片手側を添えるだけ、もしくは足りない分の力だけを足しながら行えばいい。
という事で試したことを絵心のない絵で描いてみた。
image
絵心のない事はさておき、絵を参考に言うと台に手を乗せてなるべく左手で腕立てをすることを意識しながら行うと効果的です。

台に関してはポールやプッシアップバーなどを利用するとやりやすいです。

柔らかすぎるものや崩れやすいものもグネる(ひねってしまう)といけないので控えましょう。

呼吸法下ろすときに息を吸って押し上げる時に吐きます
さてさて、こんなやり方で慣らしていく方法もあるよということ挙げてみましたが、無理し過ぎないように気を付けましょう。

※くれぐれも怪我に気をつけて無理しない範囲で行いましょう

スポンサーリンク

-≪運動≫, 【〇〇の仕方】, 【健康】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら