人気ブログランキングへ

≪お考え事*こんな感性あってもいい≫ ≪恋愛関連≫ 【趣味】

このエントリーをはてなブックマークに追加

告白されたのに振られるというのは理に適っている?

相手からの告白から付き合いが始まったけれど、あっさり振られてしまうという事を経験した人もそれなりにはいるのではないだろうか。

スポンサーリンク
 

告白される側にとっては、付き合いたいと思える相手からの告白であれば喜ばしい事なのだろう。

時には、相手から告白してきた事に優位に立てたように感じる場合もあるだろう。

ただ、それは錯覚に過ぎないのではなかろうかという一説を抱いたお話。

具体的に述べると告白を失敗するというリスクを負って踏み出せる人失恋においても自ら率先して別れを切り出せる人である傾向が高そうだ。

という事である。

もっと言えば、それに至るまでの時間も関係していそうである。

例えば、

・三年間片思いで我慢している人は、なかなか踏み出せない傾向が高く

・即日告白できる人は、あっさりと踏み出す傾向が高い

言葉を換えれば恋愛においての「衝動性の強弱」または「決断力の強弱」に起因するのかもしれない。

それを当てはめてみると「告白してきておいてあっさり振るなんてなんなの?」というような不満も「告白してくるくらいだから、別れも切り出しやすくて当然なのか」という納得はできそうである。

けれど、理屈を納得したからといって事実的なショックや不快さがなくなるわけではないので失恋者の救いになるわけではない。

その感情的な部分は抑圧しすぎることなく大いに凹めばいいものだ。妙に物分かりが良いふりをして溜め込んでしまうと重くなる一方である。

などと一概には言い切れない事ばかりを物思いにふけてみると告白した側の方が優位に立てているというか「したい事を成そうといしている性格」のだろうなと感じるばかりである。

スポンサーリンク

-≪お考え事*こんな感性あってもいい≫, ≪恋愛関連≫, 【趣味】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら