人気ブログランキングへ

【〇〇の仕方】 【アイテム】 【日記】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジッポ型のライターは何分くらい点火できるのかの結論:そもそも短時間で使うのが望ましい

オイルライターは何分くらい点火できるのかの結論は、短時間で使うものだ

※そもそも長時間つけるものではない!というのが結論です。

ネットなどを眺めていると5〜10分などの意見が見られたりするものの、

百聞は一見に如かず!

という事で、

※周囲に引火するものがなく他の人がいない広い場所で、

すぐ鎮火できる準備をして、

万が一に服に引火しないようにしてから、

ちょうど保管のためにオイル抜きをしておきたいものがあったため試してみる事に。

念のため、インサイドユニットを他の安価なケースに入れ替えて…

(入れ替えておいてよかったです。当然の如く焦げました)

結果を言えば、約22分!持ちましたが、

(とは言ってもオイルの入れる量や経過日数による自然気化によって増減されることを思うと一例に過ぎません)

実際数分もすれば本体が持ってられないほど熱くなってくるため、

長くつける事は控えましょう!

また、長くつけていると熱された容器の淵からオイルが上がってくるため、その漏れたオイルに引火する事もあるため危険です。

蓋を閉めたくても熱くて閉めれないや、慌てて閉めようとして熱くて落としてしまったりと、

場所や服装によっては惨劇を生じかねませんので火器の取り扱いには注意を払いましょう。

(火器は何か起こってからでは責任の負いきれるものではないものの一つですので、ライターは長時間つけっぱなしにするものではない!という解釈が健全だと思われます)

※顔や衣類など燃えやすいものから離して点火してください。

※点火させたまま落下させたり、放置させたりしないで下さい。

などなど、注意書きに記載されていますので注意書きに目を通し、使用用途を守り、適切な用法で慎重にお使い下さい。

(車内などへの置き忘れ、や子どもの手の届くところに置かないなども注意書きに記載されているため注意しましょう)

オイルを抜くときは気化させるのが無難

オイルを抜くときは、まず、謝って火花がでないようにフリント(発火石)を抜いてから、

次に中綿(レイヨンボール)を抜きティシュなどに吸い込ませ、引火しないように処分。

そして、大方のオイルを吸い出したら金属製やアルミ製などの箱に入れて自然に蒸発(万が一にでも引火しない場所を確保して1〜3日程度)気化・乾燥させた後、

インサイドユニットを組み立てて、火花を出して着火しなければオイル抜きの完成ですかね。

以上、明かりが長時間必要ならライトを!

料理などに火が必要ならコンロや薪・炭火を用意!

ライターはその都度、点火のための短時間で使うもの。

という認識が賢明ですね。

スポンサーリンク

-【〇〇の仕方】, 【アイテム】, 【日記】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら