夏のジョギングと徘徊するG

夏のジョギングと徘徊するG

※下記にG画像はありません。

夏といえば、G(ゴキ)

見るのも嫌なG…

ある日の夜にジョギングしていると、通行人6人に遭遇に対しG3匹に遭遇であった。

世界人口70億人に対しG35億という単純計算…そんな計算が通るわけもない。

国立虫類環境研究所の情報によると日本だけで200億匹を超えているらしい。
(wikiによると世界で1兆 4853億匹)

アリと比べるとまだ可愛い数字かもしれないが、200億を一件あたりで割ると青ざめたくなる数である。本来野生である事を考慮すれば半分以上減りそうではあるものの、餌場を求めて人里に寄っていそうなものだ…。

それにしても夜に不規則に蠢くあの方々に遭遇すると驚いてしまうものだ。

ジョギングをしながら遭遇する度に内心「おお…まじか…」×3と呟いている。

何より外にそれだけいるとなると室内に侵入され頻繁に見かけるようになるのも近いのだろう事を思うとゾッとするものだ。

そんなこんなで帰路につき部屋でくつろいでいるとクッションの上を這い回る黒い影が一瞬目に写り込む…

まさか…!G ?

と脳裏を過ぎったものの、Sだった。

spiderこと蜘蛛である。

何、この蜘蛛…見たことない…

黒々と黒々した黒一色の中くらいの大きさの蜘蛛である(足を含めて8〜10cm程度)

早速ネットで検索してみるとwikiにて、クロガケジグモ、ヤチグモあたりでしょうか。
(真っ黒さだけで言うとクロガケジグモのような気がします)

中〜大蜘蛛もやはり気持ち悪いし怖いですね。正直Gと肩を並べます。(有毒なら恐怖はGすら凌ぐかもしれませんね)

家グモは他の虫を食べてくれるので殺さない方が良い、餌が居なくなると勝手に出て行くとはいうものの、流石に寝転んでいる時に身体を這われたりするかと思うと怖いです。

そう言えば、ある日の夜の事。電気を消して床に就つくと何かが飛ぶ音が聞こえ、あぁ…Gが侵入しているのかな…蜂だと危ないな…と思い電気をつけると蛍光灯の縁に大きな蜘蛛が!そして、それから飛び逃げるG。

…絶句したものです…アシダカグモvsG

蛇や毒蜘蛛や蜂でないだけマシなものの、部屋に出て欲しくないものです。

ps:その翌日、同じコースのジョギングにて通行人16人に対しG0匹、犬2匹。(連日出ない道なだけ良かったです)