人気ブログランキングへ

【日記】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ギガントとジャイアント

ギガントとジャイアント

gigantとgiant

似たようような意味だよなぁと思いながら、両方英語だと思っていたけれど、

gigantはドイツ語だよという事で、

あらま…です。

アルファベットを見ると、全て英語に感じてしまう程に知識だけが無いです。

(和製英語もアルファベットで表記されると、英語だと感じます)

どこの国の言葉を鑑定できる知識がない。

(わかる人を言葉の鑑定士だねと、褒め称えます)

けれど、意味が同じで、読み方も若干似ているけれど差異がある。

そういうの面白いなぁと感じるところ。

日本で言うと、中国などの漢文がそれに当たるのかな?

日本ではないであろう熟語が、漢文で存在していたりすると、あったりするんだなぁ。

とシミジミ。

そういうのが割と面白い。

わかる人からしたら、滑稽な事でも
分からない立場からしたら新鮮に驚いたり発見して高揚した気分になれるのだから、

良いもんだ。

パズルが一つハマりましたみたいな。

(おぉ…ハマった)

という感覚。

些細な事でも大した役に立たない事でも、面白味を感じれるだけ幸いかもしれない。

また、巨人、ギガント、ジャイアントの中だと発音の違いが迫力に差がある不思議。

濁点量と文字の長さの影響だろうか。

スポンサーリンク

-【日記】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら