フリマアプリで嫌な絡みに時折遭遇したりしなかったり

フリマアプリで嫌な絡みに時折遭遇したりしなかったり

フリマアプリを使用し、不要になったものを処分できる御時世。

ある日の深夜1時過ぎにアプリの通知音が鳴り響く…

スポンサーリンク
 

寝入ろうとした矢先の通知音…(不快な場合は通知音を鳴らさないようにしましょう)

渋々アプリを開くとコメントが入っていた。

『偽物!』

深夜にも関わらず迷惑さを省みない悪絡みに唖然としながら、出品した物を再度眺める。

どう考えても偽物ではあり得ない。
バーコードも社名もしっかり箱についている量産型のフィギュアである。ゲームセンターに行けば同じ物が沢山ある事だろう…

わざわざ景品を複製しバーコードや箱まで用意し、そんなリスクを負う人が果たしているのだろうか…

(ガレージキット等は複製品”違法品”が出回っていたりするものの。大量に量産されているゲームセンターの今年の景品をそのまま複製する人がいるのかも怪しい。

どう考えても複製する労力や資金より景品を買うかゲームセンターで取る方が遥かに手軽で安い。)

ワンコインを得るために大金を出費し、法に触れ、権利者に睨まれ兼ねないリスクを負いたくは無いというのが大半ではなかろうか…

そもそも他のユーザーも同品を出品しているのだから比較すれば複製品でない事は容易に想像できそうなものだ。

〈そんな理不尽な悪絡みに対して行う事〉

第一にブロック機能がある場合は、ブロックが懸命です。

第二に相手にしない。その旨を運営に報告するのが吉。(自身が潔白な場合は相手のコメントが抹消されるかと思います)

その際、納品書や鑑定書等ある場合は、手元にそれらがあると運営に主張するのが良。

何より話して謝罪や理解を示せる人は頭から誹謗や荒らし行為などしないのではなかろうか。裏を返せば、悪絡みする人は初めから理解する気も詫びるつもりも持ち合わせていないように感じるのは気のせいだろうか…

むしろ相手になる事でエスカレートし兼ねない。時間と労力を消費し、獲得できるのは腑に落ちなさとストレスくらいである。

また、フリマに関わらずSNS等でも見知らぬ人が勝手に解釈を拗らせ誹謗中傷で絡んでくるという事は増えているような気もしなくは無いですね。

ネットやSNSなどの普及により迷惑防止条例違反も地域によって改正されつつあるためネット媒体の付きまといや嫌がらせ行為も場合によっては警察沙汰になり兼ねない昨今…

悪質な絡み方や執拗に絡まない方が身のためでしょうか。それでも、時折心無い嫌がらせというものはあるものですね(悲)