人気ブログランキングへ

≪本≫ 【アイテム】 【趣味】

このエントリーをはてなブックマークに追加

忍物語が7月20日発売予定になっていると言うことで予約

おぉおぉ、前にサーチした時には発売日などは分からなかったけれど。

いつの間にやら公表され、予約受付中になっていたりしたんですね。

スポンサーリンク

 

タイトルは「忍物語」、モンスターシーズン第1弾と言う事で、2弾以降も早くも興味はあるものの。

モンスターシーズンのどこかにとあるお方とのストーリーが描かれる事を期待したいところではある。

 

 

内容は読んでお楽しみだけに、ネタバレ予想等を掘り下げる訳にもいかないだろう。

折角、作者さんが描いてくれた作品なのだし、新鮮に楽しみにワクワクしながら読むのが主義だ。

流石に、予想は幾通りもできるため、

そりゃぁ…数打ちゃそれなり当たりますよ。

(1つの真実に100の憶測投げてりゃ、どれかはいい線いくよ)

(目つぶって的に矢を放っても100発放てば、どれかはいい線いくよ)

そういう幾通りを想像する事は、面白いけれど、それを不特定多数に語り散らすのは推察というよりは邪推かもしれない。

真っさらで読みたい人もいる事もいるのだろうし、作者の意図もあるやも知れぬので

何とも身勝手に語れたもんではない…。

(というのは考え過ぎだろうか…)

読み手が作品をどう受けとるかは自由なのだけれど、

それをミスリードしてしまうのは不自由かろう。

文字の小説が不得意な私であるものの、ワクワクする小説だけは何故か惜しみながら読んでいる。

読み終えるのが惜しいなと思いながら読んでいたりするものだ。

楽しみながら読むという事、自然とできる作品は個々の感性にもよるだろうけれど、無限大というわけではない。

むしろ、誰しも楽しめないでガッカリした映画や書物だって少なからずあるだろう。

ほんとお付き合いでお勧めの映画に付き合うもんじゃない、付き合うどころか尽きるものがある。

中には興味がなかったけれど実際に見聞きして良かったものだってあるため、

食わず嫌い、もとい見ず嫌いというのは勿体無いのだけれど、

ただ1人で観た方がいいかもしれない。

一緒に観ると、つまらなかった時に反応に困るのだ、、、

その際に、お世辞で合わせるのか、素直に言うのか、となど選択にも些か辛いものがある。

(何より表情をニコニコしながらお世辞を言うと溜まるものがある)

ニコニコにしてムカムカのストレスフル

そんなストレスを抱えないように、意図的に楽しむ癖も大事かもしれない

つまらないところに目を向けるから、つまらなくしてしまうのであって

面白みを発見できるのならば、面白さを見出せる

その面白みを生み出すために、手っ取り早そうなのが新鮮さだ。

何も予想しない方が、お!という感情を覚えやすい(気がする)

例えば、不意に後ろから肩をポンと叩かれて

おぉ!とか

ん?とか

いうような「! 」「?」感。

予想してると、やっぱりな!

知ってた知ってた、分かってたし!

なんていう感情を持ちやすくはなるもんだ。

まるで先読みできた自分が凄いだろ?

みたいな自己陶酔に陥りやすい。

それでも自己陶酔できるならばバランスとれてるのかもしれないけれど、自己陶酔もできない上に、あっそ、やっぱりな。

みたいになってしまっては、

まぁ、勿体ない。

折角、見聞きするという時間を費やすのだから

面白みがないよりは、面白みをつかれた方が良いわけで。

推理当てを楽しむのか

新鮮に感情が反応できるように憶測を巡らせないで楽しむのか

はたまた両方程よくなのか

それともつまらなさを自ら増やしてしまうのか

それらも個々の自由なのだけど、

映画やドラマなり書物なり楽しめるに越したことはないし、楽しもうとできるに越した事もない。

ある程度の憶測はよぎり、ある程度の期待があれど、

その通りでなくても、それはそれで新鮮な意外性としては面白かろう。

そう思えるならば、それが良し。

兎にも角にも、「結物語」に引き続き(時系列は異なるであろうだけに引き続きは語弊があるかもしれないけれど)『忍物語』を楽しもう。

スポンサーリンク

-≪本≫, 【アイテム】, 【趣味】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら