人気ブログランキングへ

【〇〇の仕方】

このエントリーをはてなブックマークに追加

靴紐の結び方: ランニングシューズ最後の穴の意味

スニーカーの靴紐の穴。
最後に2つあるタイプはどのように結ぶかについて…

[スポンサーリンク]


【靴】ランニングシューズやスニーカーの最後の穴の使い方

image
ランニングシューズやスニーカーなどに最後に空いている通常の穴とは異なる穴は何だろう?
・どうも、頻繁に靴擦れを起こす私です。
素手に…もとい、既にこの最後の穴の意味をご存知の方もおられるかと思いますが、知らないよという方の参考になれば幸いです。
なんと!
この穴を使うと人によっては靴擦れの軽減にもなるらしいのです。

肌が弱く水膨れや擦り傷などを負いやすい私には朗報!

これは試してみるしかないねという訳で体験後、この紐の締め方で履くことが増えました。

では早速、先日購入したランニングシューズで靴紐(シューレース)を通していきましょう^^

 

<靴紐(シューレース)の通し方>

①最後から2番目の穴まで通した紐を最後の穴へ外側から内側に向けて通します。
image
②次に紐の輪っか部分に紐を通していきます(輪の中へ内側から外側に向けて)
image
③両方通せたら、紐を引っ張り絞ります。
image
④引っ張り終えたら、最後に普段通りに(私の場合は蝶々結び)結びます。
image
↑完成です↑

この紐の通し方は「ヒールロック」と呼ばれたりします。

その名の通り踵が固定され、その結果として動作時に踵が靴から浮きにくく靴擦れしにくくなる効果もあるということなのかな?
※個人によって履きやすさも異なるため合わない場合は自身に合った靴紐の締め方を選びましょう。

その「ヒールロック」の正式名称は
『2段階ハトメのシューレーシング』と呼ぶそうです。
ハトメって何ですか?
・ハトメとは、紐穴(シューレースホール)に付いていたりする金属やプラスティックの輪のことです。

2段階ハトメのシューレーシング
”足首部のハトメが1つまたは2つ余分に付いているシューズの通し方です。
”上部の2個のシューレース穴は、よりタイトなフィット感と高い紐締め効果を希望される場合にご使用いただきますが、通常のランニングの場合はお客様のお好みでご使用ください。”

(ASICS Hp FAQ)

 

    • 遠出やランニングやジョギングや散歩の時に使うものには2段階ハトメ式
    • 近場や長距離を移動しない場合は最後の穴まで通していないもの

といった感じになるべく使い分けても良いかもしれません^^
脚に程よくフィットすると靴擦れが少なくなり、長距離を移動しやすいので助かります。

スポンサーリンク

-【〇〇の仕方】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら