人気ブログランキングへ

≪お考え事*こんな感性あってもいい≫ 【趣味】

このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫を叩く文化:情報に踊る文化

不倫を叩く文化:情報に踊る文化

良し悪しだけを言えば、気分は良くない。

それは概ね、される側をイメージして心思う事。

そして、道徳的にも民事的にも良いとされてはいない事も理由に挙げられるだろうか。

故に、する側を擁護するのもズレているように感じなくはないが、また、する側を過度に叩く風潮と言うのも些か行き過ぎている感じがしないではない。

スポンサーリンク
 

例え、自身が似たような境遇を経たとしても、また被害者側をイメージして同情したとしても…

第三者の出来事となれば、それは想像の範疇に過ぎない。

例えば、不倫によって家庭が壊れた。

それだけを見聞きすると、した側が悪いと感じる人が多いかもしれない。

しかし、そこに不倫をした側が配偶者から暴力を受けていたとしたら、または配偶者から離れたいのに中々離れてくれないのだとしたら、良し悪しの票も散らばる事だろう。

それすら、然るべき手順を踏んで清算してから次に行けばいいのにという意見は至極ごもっともだとも感じなくはないけれど。

人間は、そう完璧じゃぁない。

だから許されるべきだというわけでもないし、だからと言って必要以上に叩かれるべきでもないだろう。

発覚してバッシングを受けるのは自業自得であるが、流石に誹謗中傷の心無いレベルまで行くと自業自得とはいえ一種の被害者でもある。

その人は別に第三者に加害をしたわけではないのに、第三者はその人を加害しているという構図なのだから…

その人は自身の過失に家族や当事者間での責任を負うが、第三者は何ら責任を負わないのだ。

詳細な事情も知らず、流れた情報だけで判断し、悪者を決め、そして叩き、拡散する、そして、その責任を負うつもりもない。

そう思うと、あまりにも無責任と言えるだろうか。

確かに問題を起こす人がいなければ、事件は起きなかったのだから無責任な情報拡散やバッシングもまた自業自得の範疇と言えば、範疇なのかもしれない。

が、やりたい事は何なんだろう。

その家庭の配偶者が可哀想、子どもが可哀想。

そういう意見も一定数ある事だろう。

ならば、尚更、行き過ぎたバッシングは家族をも追い込むだろう。

子どもの視点を思えば、親のした事に巻き込まれるだけでとばっちりなのに、世間からも偏見受け兼ねない、さらに辛いものがあるだろう。

そうやって親や世間の嫌なところに染まって育ってしまえば大きく歪む可能性がないわけでもない。

鬼の首を取ったようにバッシングする事が、次なる鬼を生み出し兼ねない。

そんな風に感じなくもない。

鬼と成らなくて良かったはずのものに拍車をかけていくのが、家族なのか、世間なのか、本人の問題なのかは特定できるものではないだろうけれど。

一体、何に怒っているんだろうか。

一体、誰を守りたいんだろうか。

結局は、自分に置き換えて、自分なら傷つきたくない、自分なら傷つけた相手を許さない。

そういう感情の投影から暴走しているようにも感じなくはない。

そして投影した結果、直接傷つけられたわけではないのに傷つけに行くというサイクルが生まれるのだろうか。

ただ、背徳行為を正当化されるべきはないし公になり自業自得な責任を負う事は必要枠なのだろうし、

それが無ければ、やりたい放題になってしまうのだから泥沼というより底なし沼に栓をするという意味合いでは世間の目や世間の意見というのも必要なものなのだろう。

少なくとも社会においては。

ただ、詳細も知らない立場で全てを知った気になるのは容易くても、新たな情報が出たら簡単にひっくり返るような思い込みで無責任に叩きすぎるのは、些かやり過ぎである。

表に出た情報だけを鵜呑みにし過ぎるのも、
情報を見て人を見ていないようなものだ。

信号を見て、道路や生き物を見ずに運転しているようなものだ。

それほどに危ういという意味で。

他者の家庭の事情など、他者にはあまり分からないものだ。

それなりに都合の悪い事は隠し、見栄を張りながら生活を送る人もそれなりにいるものだ。

おしどり夫婦に見えて破綻している。もしくは片方だけ破綻している。

そんな事は少なくはないだろう。

一見、加害者側に見えて実は過去に先に被害を受けていた。

そんな事もあるのだろう。

他者には分からない、当事者個々の事情。

それを分かった気になる事は傲慢なのだろうし、そうは言っても人間多少なり傲慢さのあるものだものな…

なんて事を思いながら、どっちつかずなのだけれども…

ただ、度が行きすぎたバッシングが誰かを幸せにするでもないのだろう事を思うと、

何がしたいのだろう。

そんな事を感じなくもない。

とは言え、その度に関しても個々尺度が違うので一言で常識の範囲だと言い切れるものでもないものね。

とは言え、確証のない情報に踊らされても得する人は限られている事を思うと、

浅い情報に感情を煽られて怒りや不満を感じるだけ損している。

という捉え方もできるのだろう。

 

 

 

スポンサーリンク

-≪お考え事*こんな感性あってもいい≫, 【趣味】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら