人気ブログランキングへ

≪お考え事*こんな感性あってもいい≫ 【日記】

このエントリーをはてなブックマークに追加

気にしないふりをし続けると負った傷は傷のまま

世の中には気にしても仕方ないものは山ほどあれど

そうは言っても気にしてしまうのが人らしい反応なのかもしれない。

スポンサーリンク
 

気にしてしまう事を気にしても仕方がないと言い聞かせようとする事は

言い換えると緊張している時に「緊張しないように抑えよう」というようなもの。

既に起こっているものを無かったことにしようとすることは、やはり無理があること。

そして無かったことに、あるいは抑え込もうとするほどパニックや張り詰めて自身を追い込むことに繋がるもののようにも感じます。

何故気にしないふりをしてしまうのか?

自尊心を保つため・強がり・気にしてもどうしよもないという諦め等、多様な理由が挙げられる。

強がりを例に挙げると自身を大きく見せようとする事は、猫が毛を逆立てて大きく見せるようなものだとしたら防衛本能とも言えるのかもしれない。

が、例えが風船ならば大きくするために溜め込んだ空気は行き場を求めて破裂してしまう。それは防衛とは対極ともいえる。

身を守る行為のはずが、行き過ぎれば身を蝕む行為ともなるという事だろうか。

どうすればいいか?

気にしてもどうしようもない事はあるし、努力が報われる保証はないし、人生なるようにしかならないのだから必要以上に気負う必要もない。

という言葉はそれなりに見聞きするものだ。

ただ、気負っても仕方ない事を気負ってしまう事が問題ともいえるので気にするなとだけ言われても戸惑いを隠せない。

やはり、どんなに気にしないふりをしても負った傷は傷のまま。

その傷を平気なふりして放置することは二次感染したり悪化してしまうのも頷けること。

どうしようもなくても、その時その時、喜怒哀楽を表出していた方がいいようにも感じる。

その感情を押さえつけ張り詰めて強がっていると緊張は増し続け、傷が癒える機会をも放棄しているような気がしてならない。

出来る範囲の処理ができたなら傷も少しは傷跡になっていると思いたいものだ。

中には保留している事で風化して解決に至る事もあるので時に退くことも必要、ずるい言葉かもしれないが何事も適度・何事も臨機応変と言ってしまえばそれまでなのかもしれないですね。

スポンサーリンク

-≪お考え事*こんな感性あってもいい≫, 【日記】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら