人気ブログランキングへ

【日記】

このエントリーをはてなブックマークに追加

日焼けで皮膚が赤くヒリヒリしたら

日焼けで赤く火傷したら…

真夏の猛暑で焼けてヒリヒリしてしまった。何とかならないだろうか?

スポンサーリンク
 

熱中症や日焼けで大変な真夏。

海にも行っていないの日中の日差しだけで火傷したように赤くなり、ヒリヒリと痛みを感じるほどに紫外線が強い。

個人的に肌が弱いからなのか、後日べりべりに皮がめくれるのが汚らしくて嫌だなと感じるものだ。

それを軽減するためにも日焼け止め・帽子・袖の長い服や襟付きの服を利用した方が良さそうだ。

それでも赤く腫れてしまった時は、なるべく冷やした方が良いという。その赤くなった皮膚は立派な火傷なので冷やすことと、しっかり睡眠をとることが良いと聞いたことがある。

あくまで個人的な体験ではあるが、ヒリヒリと赤みを帯びた体…

それは、とある真夏の日中に3時間ほど外出していただけなのだけれど帰宅してから腕に目をやると真っ赤なことに気づき鏡を見ると見事にシャツ以外の部分が焼けていた。

真っ赤になっていた。道理でヒリヒリするわけだ。

焼けると決まって皮がめくれてしまう体質なのでアイスノン(氷枕)を痛みの一番強い首筋に敷いて10時には就寝して8時間は寝ただろうか。

翌日、起きて体を見ているとくっきりと焼け跡はついて茶褐色化しているものの首筋の痛みは消えていて、肌にも瑞々しさが戻っていた。しかしながら、冷やしてなかった腕は赤みと痛みが残ったままであった。

腕も冷やしたさらに翌日には痛みは消えていた。

それでも残念ながら4日後には頭と肩の皮がめくれはじめ、7日後には腕の皮がめくれました。(日焼けから4日目のお話:頭を洗っていた時にズルッ!、、、ズルッ?あれ?私の頭はゆで卵の殻だったかしら?と手を見るとやはり頭皮が脱皮 😢)

というわけで肌の弱い人特に真夏の直射日光や熱中症にも気を付けてください。

年々気候が変化しつつあり、従来の常識が当てはまらなくなっているようにも思うので体調管理に気を付けていこうと思います。

くれぐれも水分補給を忘れずにいきましょう。

スポンサーリンク

-【日記】

follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

◇ローマ字検索で知床ですか?と確認されてしまう白トコによる趣味で作った雑記かつ雑綴ブログです。

色々と四苦八苦といったところですが至らぬ点は温かい目で流して下さると幸いですm(._.)m

詳細はこちら